厚木・相模原の弁護士による刑事事件相談

弁護士法人 前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 当事務所の特徴
  • 逮捕・勾留された場合
  • 捜査への対応分
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 被疑者と面会したい差し入れしたい

被疑者と面会したい場合/差し入れがしたい場合


突然、逮捕され、勾留された場合、被疑者の精神的負担は大変なものです。
取調べから開放されたい一心で、不利な証言をしてしまう、ということも考えられる話です。
そんな時、ご家族との面会や差し入れは、本当に被疑者の心を癒してくれるものです。
警察に連絡し、面会が可能かを確認することは第一歩です。
 
しかし、できれば、専門家である弁護士にご相談されることをお薦めします
面会に当たっての制約や注意点などがあるからです。
できるだけ早い段階で弁護士に相談し、今後の方向性や手続などを教えて貰って、見通しを立てられれば、面会でお話すべき内容も変わってきます。
また、弁護士による接見にも次のようなメリットがあります。

1)    警察官の立会いがない
 

ご家族を含め、一般の方の面会には、警察官が立ち合います。その点、弁護士による接見の場合は、警察官は立ち会うことができません
従って、被疑者は警官が立ち会う制約なしに、事件の内容を説明したり、対応について話し合うことができます。

2)    夜間、土日祝日を含めて、接見できる。
 

また、一般の方の面会は、通常、平日の9時~17時の間で一回15分までとされていることが多いです。
その点、弁護士の接見は、夜間や土日祝日でも可能ですし、時間の制限もありませんので、十分に伝えるべきことを伝え、被疑者から聞くべき事を聞くことができます

3)    面会禁止の制約がない
 

更に、一般の方は、裁判所が面会禁止の処分をした場合、全く面会できなくなります。
その点、弁護士は、裁判所が面会禁止の処分をしても、被疑者と接見することが可能です

当事務所では、特に、逮捕直後の接見は、今後の対応を決めるためにも、非常に重要であると考えており、また、被疑者とご家族(関係者)とのコミュニケーションを徹底してサポートすることが、適切な対応に繋がると考えます。
 面会や差し入れについてご不安がある場合、できるだけ早い段階でご相談ください。