厚木・相模原の弁護士による刑事事件相談

弁護士法人 前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 当事務所の特徴
  • 逮捕・勾留された場合
  • 捜査への対応分
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用

解決事例

当事務所は国選、私選を含め、刑事事件の多数の経験を有しております。 ご家族が逮捕されてしまった場合、ご家族は言葉にはできない不安にさいなまれることと思います。 その点、当事務所は経験を元に、同種の事件を起こしてしまった場合に、取調べがどのように進むのか、起訴されるかどうか、執行猶予がつくかどうか、予測しながら、進めていくことができます。

飲酒運転の事案

飲酒運転とスピード違反が罰金刑の処分になりました。(Aさん)


酒気帯びで自動車運転した上、スピード違反をして、警察に検挙された事件でした。
数年前、福岡で4名くらいの児童を酒気帯運転により死亡させた事件は、
話題になったばかりではなく、刑罰もかなり重くなっておりました。
そのため、ご本人が裁判(公判請求)になるかもしれないという心配をされて、
当事務所に相談がありましたが、その可能性もないではないと思われました。

そこで、これまでの酒気帯び運転などの裁判例を調べ、さらに担当検察官にも
面会して罰金で済むかどうか調べました。

検察官の言動からも罰金求刑であることがほぼわかりましたので、ご本人に伝えました。

その後、検察官から呼び出しを受けましたが、予想通り罰金刑の処分で終わりました。

痴漢事件の事案

痴漢事件で不起訴処分になりました。(Bさん)


酒に酔ったサラリーマンが電車の中で、女性の衣服の上からお尻を触ったというもので、
その女性が駅員に訴えた事で、警察の取調べを受けました。

知人の紹介で、ご本人から当事務所に相談がありました。

ご本人は、上場会社の幹部社員でまじめなサラリーマンでした。

また、女性にもかなりの落ち度があることが判明しましたので、その点を
担当検察官に伝えました。

女性との示談はできませんでしたが、ご本人が反省していることを示す数点の
証拠を検察官に提出しました。

間もなくご本人については、不起訴処分になり、会社には知らされることもなく、
従来通り勤務することができました。

>>他の解決事例はこちら